最新の葬式

仮通夜からお葬式までの服用について

喪服にはモーニングや和装などの正式とブラックのスーツやフォーマルと呼ばれるもの略式があります
お葬式に参列するときは、故人を偲ぶための清掃である略式の礼服を着用してください
間違えて正式のものを着用してしまうと、親族よりも格が上になってしまうので注意しなければなりません
最近は礼服のレンタルもありますが、突然の訃報の場合は間に合わないこともあります
このような事態に備えて、冠婚葬祭全てに使えるフォーマルウェアの一式は持っておいたほうがいいでしょう
また、故人が亡くなった直後に行われる仮通夜に関しては、地味であれば平服で問題ありません
逆に喪服を着て行くと、不幸を予め知っていたような印象を与えるため、出来る限り避けたけた方が無難です
通夜に関しては基本的には葬儀や告別式と同じで、ブラックフォーマルを着用しておけば問題ないでしょう
もし、どうしても礼服が用意できないときは、黒の地味な服装を選んでお葬式に着てください

Copyright(c) 葬式 . All Rights Reserved.